ドキュメンタリー/HD

制作時期;2009年8月〜2011年10月

2010年に推定86歳で惜しまれつつ亡くなったしたバリ島の伝説の舞踊家ニ・クトゥット・チュニックの晩年を捉えたドキュメンタリー。

日常、踊り、そして家族。生涯を踊り子として生きた彼女を通して、世界に誇るバリの伝統文化の奥深さ、霊的な空気感を感じる映像詩。

【上映履歴】
2011.10.7
『タクスゥ-魂の踊り子』完成披露ライブパフォーマンス付き上映会
アップリンクファクトリー

舞踊・ガムランライブ出演:
ニ・ワヤン・セカリアニ(バリ舞踊)
小谷野哲郎(仮面舞踊)
ウロツテノヤ子(バリ・ガムラン)

2011.11.11
多摩美術大学・芸術人類学研究所(IAA)×情報デザイン学科 情報芸術コース 共催
『タクスゥ-魂の踊り子』完成記念スペシャル上映イベント 
<神の舞踏> 天を開いて降りてくるもの
多摩美術大学 八王子キャンパス レクチャー棟 Aホール
トーク:港千尋(写真家・著述家/多摩美術大学教授)
    伊藤俊治(美術史家、東京藝術大学教授)
    仁田美帆

2014.3.16

踊る民族誌映像~バリ島民族誌映画作品上映会~

クリエイティブシェアスペース

トーク:伊藤俊治(美術史家、東京藝術大学教授)

    村尾静二(映像人類学者)

    仁田美帆

2019.6.26

東京外国語大学TUFSシネマ

東南アジアの音楽と芸能 上映会(第1回)『タクスゥ -魂の踊り子』
アフタートーク:
吉田ゆか子(東京外国語大学助教、芸能の人類学)

仁田美帆

タクスゥ-魂の踊り子-

自主上映を随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

© 2019 By Miho Nitta